学習のポイントと感想

関西シルバーバーチ読書会

2020.5.9 / 10 

自宅学習の課題と感想

新型コロナウィルスの感染拡大を避けるため、日本中が外出の自粛を迫られました。その中で、読書会も開催中止をせざるを得なくなりました。自宅で、他のスピリチュアリストとの交流も持てない中、霊的に自分を引き上げるにはどうしたらいいのか ―― 一人一人が霊的真理とじっくり向き合う時間を持つことになりました。

そんな中で参加者の皆さんにこんな課題を出してみました。

① 「スピリチュアリズム・ニューズレター30号」
 良きスピリチュアリストになるためには、まず何から始めたらよいのか ⇒

 を読んでください。

「ハローフレンド」健康フレンドスタッフだより
 NO.153「“新型コロナウィルス”について思うこと」 ⇒

 を読んでください。

③自分自身で霊的に引き上げるにはどうしたらいいか?
 具体的に自分一人で自分を霊的に引きあげる方法を考えてください。

各自が一人で霊的真理と向き合いながら、これらの課題に取り組み、感想を寄せてくださいました。また、内省的な時間を持つ中で、霊的真理と出会えたことへの感謝をつづってきてくださった方もあります。少しご紹介したいと思います。

…………………………………………………………………………………………………

コロナウィルスでの世界中のパンデミックの本質は人々の生き方の間違いが起こしたものだとわかり地球規模での霊的真理の伝道の大切さを改めて実感しました。それと同時に対応の遅さに対する政府や県や緊急事態宣言が発令される中でも他人の事を思いやる事なく身勝手な行動をとる人にただ怒りを感じ批判をしていた未熟な自分の霊性を思い知りました。未熟とはいえ霊的真理と出会った私がするべきことは批判ではなくこの状況の本質を見抜き真理を元に行動することでした。ですが今までの私は霊的真理を頭で理解するのではなく学びの中で心から真理に出会った喜びをもっと実感したいと思いながらも日々の生活に追われていました。祈りは大切とわかっていてもしたりしなかったりでした。 しかしこのニューズレターを読み気づかせていただくことができました。そしてあらためて生活に追われることなく霊的真理を真剣に日々学ぶことを第一とし、毎日大霊に心からの祈りを捧げて霊界との神聖な交わりを持ち、摂理に沿った正しい生き方を実践して霊性を磨き、この地上世界の残りの人生を少しでも霊界の道具として生きることに徹しようと決意しました。(40代女性)

読書会が中止になり、又、自身の私生活の状況から霊的に下がる一方で、どうしたら引き上げられるのかと思ってばかりでした。そして、課題のニューズレターを読んだり、シルバーバーチの本の輪読会を行い感じたことは、まず初心に帰りました。人々に真理を伝える前に、まず自分自身を作り替えなければならないということ。祈りと真理の学習と霊主肉従の努力ということで。自分自身がもっと努力しないといけないことを、改めて思いました。そして、一番近くで、いつも寄り添ってくれていて深い愛で見守ってくれている、守護霊の存在を、常に意識して思い出し、守護霊との絆を深くしていきたいと思いました。(30代女性)

さまざまな病気やウイルスの発生の根源は利己主義だということを霊的真理によって知ることができました。地上的視野では理解できない事実です。まだまだ多くの人にはわかってもらえないことですが、中には怖れや不安や一変した生活の中で今までの自分の生き方に疑問を持ち始めた人がわずかでもいるはずです。今までの生活で、無駄だったもの価値のないものに執着していたことに気付いた人もいるはずです。こうした目を覚まし始めた方たちが必要とした時に、いつでもお役に立てるようになるためにも、道具意識を忘れずに、謙虚さを身に付けられるよう日々自分を振り返り内省し、よい道具となるために自分を高めていくことが大切だと思っています。(50代女性)

現段階の地上世界では、平穏な時などありはしないのに、自分がノンストレスでいられることが平穏だと思い込み、またそれを追い求めて生きている人が多い中、新型コロナウィルスが世界中に蔓延しました。経済をはじめ、生活•教育•医療、物質世界のあらゆるものが混乱状態に陥り、連日TVで出口探しに混迷中の報道がなされています。この時代を選んで生まれてきた意味を考えています。霊的視野でものごとをみる力が重要だと感じています。地上の道具としてお役に立てるようにしっかり準備を整えなければ!との思いと、霊的成長の機会を与えてくださっていることに感謝の思いが湧いてきます。
読書会が中止になってしまってとても残念ですが、自発的に霊的意識を高めるために心がけていることは、短くても毎日お祈りをすること。霊訓や普及会さんのホームページを読むこと。守護霊に語りかけること、守護霊を身近に感じとること。霊界に道具として手を上げること。などです。取り立てて特別なことはありませんが、繰り返すことが『真理の炎を絶やさぬ努力』につながるかな…と思っています。

まず始めに霊的真理の普及に尽力されている沢山の霊界人の方々、守護霊そして地上で普及活動されてきた普及会の方々に感謝したいと思います。私はスピリチュアリズムによって救われました。これまでの人生を振り返ってみると、何が真実なのか?真理は?人間はどのように生きていくべきか?私は何しに生まれてきたのか?など多くの疑問を追求する長い旅でした。真っ暗闇の中、手探りで生きているようで、沢山の過ちを繰り返し生きるのが辛かったことを思い出されます。そんな中、スピリチュアリズムと出会いました。初めの頃は、まさかこんなにも自分に影響を受けるとは思っても居ませんでしたが、年を重ねて行く度に霊的真理の素晴らしさを実感してきました。私にとって今は正に暗闇の中の一筋の光です。もしもスピリチュアリズムに出会って居なかったらと思うと涙が出てきます。改めて、「本当にスピリチュアリズム最高ですね。」本当に幸せです。まだまだ、多くの人々が霊的真理を知らずに生きている中で先輩のスピリチュアリズム普及会の方々に習って一人でも多くの人が霊的真理に出会うことが出来るよう努めていこうと思います。(40代男性)

「“新型コロナウイルス”について思うこと」を読んで
 新型コロナウイルスの問題は、考え方・生き方が、自己中心的で自然法則(摂理)に反している人類全体に対する警告として受け止め、人類 が経済成長至上主義から脱し、霊的・精神的な豊かさを優先して求め、自然界と調和した生き方をするようになるきっかけになれば、と思います。  新型コロナウイルスの感染防止ということで、人が移動することができず、人が集まることもできず、人との接触を減らし、まわりにいる自分以外の人との距離を隔てる、ということで、これまでになく、たいへん不自由で窮屈な生活を強いられているかのようです。
 しかし、これは、スピリチュアリストにとって、困ることでしょうか。むしろ、自分ひとりの時間、空間が増えたことで、これ幸いと、霊的真理の学習を深め、日々霊主肉従の努力を忘れず霊的真理の実践に励み、新型コロナウイルス感染が終息した頃には霊的新生が進んで霊的真理の伝道ができるようになれば、限られた地上人生を最高に価値あるものにすることができ、今回の地上人生の目的を成就できるということではないでしょうか。(60代男性)

「そもそも人間の生命を奪うようなウィルスが発生するということは、人類の生き方がどこか間違っていることの証拠です……」というシルバーバーチの言葉を何度読み返しても胸の中にずしんと伝わってきます。ニューズレター30号の内容の重さを感じながら、反省と摂理にそった自らとなれるよう、シルバーバーチの教えを毎日読ませていただいております。天の良き道具となれるよう、何よりもいつも見守り導いてくださる守護霊に感謝し、霊的真理のメッセンジャーとして歩んでいきたく思います。(60代女性)

…………………………………………………………………………………………………

今回は、ご自身の現状も併せて多くのことを書いてきてくださった方もいらっしゃいました。皆さんが霊的真理に出会えたことに感謝し、今の自分の置かれている状況に喜びを感じていることが伝わるものばかりでした。一人で霊的真理と向き合い、守護霊の導きを信じ、これからの自分の歩みを思い描く……そんな充実した時を過ごしてこられたのだと思います。

この地上人生で霊的真理と出会えて、ともに真理を学ぶ仲間ができた私たちは本当に幸せです。世界のあちこちでロックアウトが続く中でも、霊界に思いを馳せ、今を精いっぱい生きていこうと思える幸せを神と霊界に感謝したいと思います。


TOP↑