今月のシルバーバーチ

関西シルバーバーチ読書会

今月のシルバーバーチ

シルバーバーチの霊訓 2018年 4月

私たちはきっと目的を成就します。自ら犯した過ちから人類を救い出し、もっと気高くて優れた生き方をを教え、奉仕の人生を送ることによって魂と霊と精神を豊かにし、この世的な平和や幸福ではなく、崇高で霊的価値のあるものを得させてあげたいと願っているのです。

『シルバーバーチの教え』(上)2章 シルバーバーチの霊界通信の目的

■ シルバーバーチの霊訓 2018年3月

ここでぜひ指摘しておきたいのは、地上の人間は再生というものを、今の自分にない一種の栄光に憧れる気持ちから信じている場合が多いということです。人間界でいうところの 〝劣等感〟(コンプレックス)です。現在の自分の身の上がいくら惨めでも、かつて前世では高貴な身の上だったのだと信じることによって慰めを得ようとするのです。
しかし再生とはそういうものではありません。(前世では〇〇という人物だったと言うのはナンセンスです。と別のところで述べている──訳者)。 自然の摂理によってきちんと公正が行きわたっております。必ずしも地上生活中にそうなるとは限りませんが。その場合は霊界において清算されます。

『シルバーバーチの霊訓』(10)P125/1~6

シルバーバーチの霊訓 2018年 2月

「この世に再生する前の判断力と、再生してからの肉体器官を通じての判断力とでは大きな差があります。もちろん再生してからの方が肉体器官の機能の限界のために大きな制限を受けます。しかし大半の人間は地上で辿るべき道程について再生前からあらかじめ承知しています。」
──地上で辿るべきコースが分っているとすると、その結果得られる成果についてもわかっているということでしょうか。
「その通りです。」

『シルバーバーチの霊訓』(4)P82/後ろから3~P83/4


TOP↑