今月のシルバーバーチ

関西シルバーバーチ読書会

今月のシルバーバーチ

■ シルバーバーチの霊訓 2019年 3月

わたしの世界には大霊の使者の大軍が控え、いつでも地上世界のために手助けをする用意を整え、あなたのような“道具”が“私はいつでも用意ができております。どうぞお使いください”と言ってくださるのをお待ちしている事実を、この目で見て知っているのです。
わたしたちは決して見捨てません。しかし最初にしかけるのはそちらです。真理が手引きするところならどこへでも迷わずついて行く用意があるという意志表示をしてくださらないといけません。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』3章 わたしたちは決して見捨てません ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2019年 2月

このインディアンも、バーバネルが私の霊媒であるのとまったく同じ意味において私の霊媒なのです。私のように何千年も前に地上を去り、ある一定の霊格を具えるに至った者は、波長のまったく異なる地上圏へ下りてそのレベルで交信することは不可能となります。そのため私は地上において変圧器のような役をしてくれる者、つまりその人を通して波長を上げたり下げたりして交信を可能にしてくれる人を必要としたのです。

『シルバーバーチの霊訓』(8)P109/5~13


TOP↑