学習のポイントと感想

関西シルバーバーチ読書会

2020.2.8 / 9

救済の観点からみたスピリチュアリズムの全体像〈1〉

2020年初めての読書会は、「救済の観点からみたスピリチュアリズムの全体像」の学習をしました。スピリチュアリズムを学ぶ者であるならば、必ず知っておきたい重要な内容です。

一般的に“スピリチュアリズム”というと、交霊会や霊媒、心霊現象などだと思っている人が多いと思います。書店に並ぶスピリチュアリズム関係の本を見ても、ミーディアムや心霊現象についてのものが大半です。しかし、スピリチュアリズムの本質はそうしたものではありません。

●スピリチュアリズムの本質とは

スピリチュアリズムの本質とはいったい何でしょうか。
霊界主導の地球人類救済計画
これがスピリチュアリズムの本質を端的に表しているスピリチュアリズムの定義です。
この中には3つの重要な内容が含まれています。
1)スピリチュアリズム運動の主役……霊界の人々、イエスを中心とした大霊団
2)スピリチュアリズム運動の目的……人類救済
3)スピリチュアリズム運動が興された理由……地上人が悲劇の中で苦しみ、喘いでいるから

スピリチュアリズム運動とは、様々な悲劇の中で苦しむ地上人を救おうとした、高級霊の深い愛から出発しています。その計画の中心者は“イエス”です。2世紀以上前に地上に誕生したイエスは、地上人の苦しみをよく分かっています。そして、悲劇は一向に解決せず、地球上に蔓延していくばかりです。そんな地上人の苦しむ姿を見て、イエスはどれほど胸を痛めたことでしょうか。

これまでも霊界から幾度となく、救いの手は差し伸べられてきたはずです。しかし、地上人はそれを正しく受け止めることができずに、一時的なもので終わってきてしまいました。霊界から啓示やインスピレーションを受けた宗教者も、肉体を持った地上人ゆえの煩悩に負けて、人々を救うことはできませんでした。こうした地上人だけに任せていては、地球人類は救われない、いつまでたっても悲劇はなくならない――イエスはそう思ったのです。そして高級霊たちと地球人類全員を救う壮大な計画を立てたのです。それが「スピリチュアリズム運動」なのです。

参考:スピリチュアリズム普及会第1公式サイト> スピリチュアリズムとは> スピリチュアリズム運動の本質> 4.スピリチュアリズムによる地球人類救済運動 ⇒

●救済の観点からみたスピリチュアリズムの全体像 ⇒(名古屋シルバーバーチ読書会)

参加者の感想

霊的真理を時期が来た人に伝えるために一番重要なポイントを学習し直すことができて、準備を整えているように思います。シルバーバーチの言葉の中に「忠誠を捧げるものは宇宙の大霊すなわち神とその永遠不変の摂理です。そのことを知った者はその真理の炎を絶やさぬように努力し、……」とありました。1月のインフォメーションにあったように、イエスが率いる大霊団の末端の地上の一員・道具として働ける幸せ・喜びを全うするためにも、霊界との繋がり、真理の炎を絶やさぬ努力を一日に一度は息を吹き込み、この一年を進んでいきたいと思います。(50代女性)

今まで何度も学んだスピリチュアリズムによる地球人類救済計画の全体像ですが、改めて1からしっかり学んで、初心にかえったように思います。霊界の人々の愛と真剣さが伝わってきました。その計画に、私たちスピリチュアリストも直接関わっているということで、また、大きな責任というものを感じました。地上天国が早く訪れるためには、私たち一人一人にかかわっているということで、次の時期の来た人に伝えていけるように、実践に励み、霊界の道具となれるようになりたいです。本日は、大変魂が鼓舞された時で、読書会に参加できているありがたみを感じました。(30代女性)

霊的に見た悲劇とは、救済とは、霊的成長のチャンスを手にできるかどうかにかかっていることを改めて学びました。悲劇とか救済とかいうと、真理に親しんでいる人たちでも、つい物質的なものを想像してしまいがちではないでしょうか、日々流れる報道や、受けてきた教育によって。しかし問題はそういったことによってもたらされる霊的な目覚め、成長が阻害される、ということなのです。今日学んだ中でも、この点について深く心し、日々の生活の中で霊的成長にとってどうなのかという視点から一つ一つのことがらに向き合いたいと思います。スピリチュアリズムの目的は霊的同胞世界の確立です。しかし、世界も一人一人からできていますから、まず自分自身の身を修めること、まずそこから始めなくては、と思います。(50代男性)

スピリチュアリストを自認する人でも「スピリチュアリズム運動とは何ですか?」と聞かれて明確に答えられる人は少数です。またスピリチュアリズムによる地球人類救済計画の全体像――アウトラインについても端的に説明することも難しいことです。しかし、本日の読書会では、それらに関して明確かつ詳細に知ることができました。すなわちスピリチュアリズム運動とは、霊界主導による地球人類救済計画であり、その目的とするところは、人類の悲劇の要因になっている霊的無知(唯物主義)に陥っている地上人類を霊的覚醒により救済するというものです。人類は霊的成長によって以外に真の救いを得ることができないため、全人類が救済されるためには何百年、何千年の年月を要することになるでしょう。しかし私たちスピリチュアリストにできることは、真理を人に手渡すと同時に真理を実践して他の人の手本となることです。シルバーバーチの霊訓と出会って10数年が経ちました。自らの真理の実践については、3歩前進2歩後退の毎日ですが、日々の生活の中で努力してゆきたいと思います。(60代男性)

スピリチュアリズムの全体像について学ぶたびに、毎回新たな気づきや感動、感謝、そして決意が湧き、霊的真理の普及に全人生を捧げよう!という気持ちでいっぱいになります。霊界主導の地球人類救済計画について図を用いて端的に示され、スピリチュアリズムの核心がこのように全て凝縮され、とても分かりやすくまとめられていることに、いつも感動します。スピリチュアリズムを計画し、人類への深い愛を示してくださっているイエスと大勢の高級霊たちの存在をより身近に感じることのできた学習会でした。また全体像が霊的同胞世界をつくるための設計図であり、その実現はすでに確定していること、そして今の時代に私たちのように先に真理に出会った人間は、その実現のためのスタート地点にいて、実践し、後に続く人々のための手本を示す使命があるという強いメッセージが胸に響きました。神・イエス・高級霊の愛に応えて一層自分のすべてをスピリチュアリズムの普及に捧げ、道具として使っていただけるよう、実践を通して霊的成長し、よりよい道具となっていこうと感じました。(40代女性)

こうしてスピリチュアリズムの全体像の学習を通して、今、手にしている真理へ導かれたことへの感謝の気持ちと、霊界の方々の地上の兵士として、力を尽くしていこうと決意を新たにすることができました。悲劇が蔓延する地上に居ながら、地球人類救済計画を知り、「霊的同胞世界」という明るい世界の未来像を見せていただいています。イエスをはじめとする「地上人を救いたい!」という愛なる思いがまた深く心に刻み込まれ、日常生活の中で、霊中心主義と利他愛をしっかり確立していき、よき道具を目指したいと強く願いました。そして時期の来た人へ真理を正しく伝えられるように真理をしっかり理解していくことに努めていきます。日常では自分の未熟さとの闘いであり、苦しいことは絶えませんが、霊界人の愛の深さを感じると、また勇気があふれてきます。何よりも最高の奉仕を与えられた喜びを持ち、神聖な大計画の一員として相応しい人となることができるよう、また歩を進めてまいります。本日も貴重な学びの時をありがとうございました。(40代女性)

多くの人のシルバーバーチの出会いは、個人的な苦難や死別の悲しみがきっかけです。自分が真理によって慰められ、読書会によってシルバーバーチの様々な言葉の意味を理解できるようになりました。真理を心の支えに、日々の生活の中に活かすことによって救われるのだと実感しました。真理によって救われた今、次にしなければいけないのは、救いを待つ人のために真理を手渡すことです。読書会での学びは、自分のためだけではありませんでした。自分以外の人にも分け与えるための学びでした。真理の正しい理解は、最大の奉仕・利他愛の実践である真理の普及のチャンスを手にしたということです。自分の自由意志一つで、地上人類救済計画に参加できるのです。これほど幸せなことはありません。これほど価値ある人生はありません。このような立場にいられる今に感謝し、残された地上人生を地上の足場となりたいと願っています。(50代女性)

2020年を迎え、こうして読書会に参加できることを、守護霊をはじめ霊界の方々に感謝申し上げます。先日某宗教の方が勧誘のために来られ(何度も来られているのですが)原罪と贖罪のことで、論争となってしまい、間違った宗教の中に洗脳されている姿に、霊界の方々の苦労を感じさせられました。今日の講義をしっかりと身につけて、縁のある人たちに語っていきたいと思います。スピリチュアリズム運動に参加できることに、心より感謝し、今年も霊的真理を伝えていきたいと心新たにしております。(60代女性)

今日、スピリチュアリズム運動の本質を振り返ってみて、今、まさに自分がこの救済計画の入り口に立ち、勇気を振り絞って実践に踏み出していく時を迎えていることを再確認いたしました。今後はさまざまな困難が待ち受けていることを覚悟の上、その時その時に自分のできる精いっぱいの奉仕をさせていただこうとの決意を新たにしております。今後とも普及会の皆様や先輩スピリチュアリストの皆様のご指導を仰ぎながら、そして霊界の方々の応援を得ながら、力強く堂々と歩んでまいりたいと思います。(50代女性)

本日参加させていただきありがとうございました。スピリチュアリズム運動について詳しく勉強できました。この地上人生で素晴らしい地球人類救済計画のチャンスをいただけたことに心より感謝いたします。人類を悲劇から救うために頑張っていきたいと思います。(50代女性)

霊的真理に触れ、全人類救済計画に関われるということは、霊的真理を正しく理解し、日々の生活の中で実践していかなければならないということ。その真理を一人でもいいから、正しくお伝えすることが私の使命だと思います。今まではシルバーバーチの本を読み、教えに触れて、自分の進む道を探ることが主でしたが、これからはもっと深く学び、実践し、自分のやり方で人にお伝えしなければと強く感じました。日々の暮らしや仕事の中で淀んでしまう己の弱い心を強くするためにも、たとえわずかでも構わないので、シルバーバーチの本を読まねばと思います。自信を持って「私はスピリチュアリストです」と言えるようになりたいと思います。小さなことでもいいので、自分にできることは何かあるはずと思いますので、それを一つ一つ積み重ねていこうと思います。(50代男性)


TOP↑