今月のシルバーバーチ

関西シルバーバーチ読書会

今月のシルバーバーチ

■ シルバーバーチの霊訓 2020年 6月


生きものは全て大霊が創造したものである以上、ビールスなども大霊がこしら えたものに相違ありません。それを殺虫剤や消毒剤などで無きものにしてしまうの は間違いでしょうか。


そうすべきだと考えてするのであれば、そうなさればよろしい。何事も、動機に よって正否が決まります。地上世界はまだ未熟です。不完全で、完全へ向けて発展 しているところです。その道程には幾多の困難や試練や障害や難題が横たわります。 それらにどう対処していくかによって人類の進歩が決まります。 そもそも人間の生命を奪うようなビールスが発生するということは、人類の生き 方がどこか間違っていることの証拠です。人類の生き方は地上の環境のすぺてに反 映するのです。生き方を正せば、そういう克服できそうにない問題は生じなくなり ます。人類の行動と環境との間には不離の関係があるのです。

『古代霊シルバーバーチ最後の啓示』より

■ シルバーバーチの霊訓 2020年 3月

「霊の優位性の自覚にもとづく修養的生活――これが最高の生き方です。既成のテキストはいりません。魂の成長ということだけを心がければいいのです。大霊からいただいている霊力が顕現し、人間が勝手にこしらえた教義への盲目的信奉者とならずにすみます。」

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音>』9章
霊の優位性の自覚にもとづく修養的生活――これが最高の生き方です ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2020年 2月

エデンの園は存在するのです。地上天国は目の前にあるのです。ただ人間の強欲と愚かさと利己主義と残忍性が道に立ちはだかっているのです。理屈の上では一日のうちにでも実現できるのです。しかし現実には、為さねばならないことが山ほどあります。全生命を創造なさり、生きる道を示さんとしておられる大霊の道具として、進んで志願する者を必要としているのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』 3章
 わたしたちは決して見捨てません⇒


TOP↑