今月のシルバーバーチ

「シルバーバーチ読書会」

今月のシルバーバーチ

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 11月

摂理はかならずや決められた通りに働きます。そのようになっているのです。それは、かならずしも皆さんがこうあってほしいと望まれる通りとはかぎりません。わたしには、わたしが成就しなければならない仕事がよく分かっております。皆さんが地上で成就しなければならない仕事も、わたしにはよく分かっております。そして、いずれは皆さんがそれを成就なさるであろうことも分かっております。

たまたまそういう巡り合わせになったというわけのものではありません。そういう計画ができているのです。皆さんにそれが理解できないのは、物質の目を通して眺め、物質的なモノサシで計ろうとなさるからです。このわたしは、皆さんとはまったく異なる側面から眺めております。ですから、皆さんの物的な問題はよく分かりますし、わたしもそれに関わってはいても、基本的には“こうなる”という見通しが、わたしにはあるのです。

『シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来』
5章 生命の根元、存在の根元、永遠性の根元は“霊”の中にあります ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 10月

求めるものが正当か否かは、単なる人間的用語の問題にすぎません。わたしたちから見て大切なのは“動機”です。いかなる要求をするにせよ、いかなる祈りをするにせよ、わたしたちが第一に考慮するのは、その動機なのです。動機さえ真摯であれば、つまりその要求が人のために役立つことであり、理想に燃え、自分への利益を忘れた無私の行為であれば、決して無視されることはありません。それはすなわち、その人がそれまでに成就した霊格の表れですから、祈るという行為そのものが、その祈りへの回答を生み出す原理を作動させるのです

『シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来』6章 
真理を悟った人間は決して取り越し苦労はしません ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 9月

道を見失い、同情の言葉に飢え、導きと慰めと希望の言葉を求めて、その日暮らしの生活に明け暮れている気の毒な人たちのことに、常に思いを馳せようではありませんか。そういう方たちはみな、この世に自分一人だけ取り残されたような悲哀の中で生きているのです。そういう人たちこそ、わたしたちが霊力の行使範囲に導くために何とかしてあげなくてはならないのです。憂うつな悲嘆の生活を一変させ、希望の光と真理の感触とをもたらしてあげることができるのです。

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』
3章 知識はすべて、ためになるのです ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 7月

わたしたちが、地上へ舞い戻ってきた理由はそこにあります。すなわち、いかなる人物であろうと、いかなる書物であろうと、いかなる教会であろうと、いかなる指導者であろうと――それが地上の存在であっても霊界の存在であっても――たった一つのものに盲従してはいけないこと、それよりも大霊が定められた大自然の摂理に従いなさい――これだけは絶対に誤ることがなく、絶対に正しいから、ということを説くためです。

『シルバーバーチの霊訓 ― スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』
11章 霊的真理は不変です ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 6月

ああ、真白き大霊よ。

全生命の裁定者にあらせられるあなた。“死”の存在しない御国の主にあらせられるあなた。わたしたちは、全てを包摂して慈しまれ、大自然の法則の一大パノラマの中に顕現しておられるあなたを啓示せんと務めている者たちでございます。

わたしたちはあなたを完全なる公正と叡智の大霊、全生命に潜在し、生きとし生けるもの全てに表現されている存在として啓示いたします。

ああ、大霊よ。あなたは無窮にして無限、子等の理解力を超えた存在にあらせられます。しかし、それでもなおあなたを知ることは可能でございます。なぜならあなたは、物質の次元と霊の次元の区別なく、あらゆる生命の相に顕現しておられるからでございます。

『シルバーバーチの霊訓―スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』
6章 摂理は完全であり、自動的に作用します ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 5月

ああ、大霊よ。

聖なる創造主、王の中の王、全生命の背後の無限なる知性にあらせられるあなたを、わたしたちは在るがままのお姿、すなわち完全なる摂理として説き明かさんとしております。

あなたは幾世紀にもわたって誤解され、誤って崇拝されてまいりました。ある人種はあなたのことを残忍にして血に飢え、復讐をたくらみ、嫉妬ぶかく、自分への忠誠を誓う者のみを愛する神として崇めてまいりました。そして彼らはその神罰に恐れおののきつつあなたへ近づいておりました。

わたしたちはあなたを完全なる愛と叡智の権化として啓示いたします。それが完全なる摂理の働きを通して顕現しているのです。その摂理の中に、子等が生命の充実感と豊かさと限りない恩寵を見出すようにとの、あなたの深遠なる配慮がなされているのでございます。

わたしたちの望みはその摂理を地上へもたらし、それによって善意の子等がいっそうの努力と奉仕に励み、地上世界からあらゆる不平等と不正、あなたの王国の地上への実現を阻むものすべてを無くすことです。その目的へ向かってわたしたちは祈り、そして奮励いたします。

『シルバーバーチの霊訓―スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』
7章 ああ、真白き大霊よ ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 4月

そのためにも、これからあなたは霊的実在について少しでも多くの知識を身につける努力をなさらないといけません。残念ながら生涯を暗闇の中で過ごす人が多すぎます。わたしたちはその暗闇にささやかな霊的真理の明かりを灯してさしあげようと努力しているところです。それは無用の闇だからです。地上にも真の天国となる可能性があるのです。それが実現するか否かは、真理を手にした人が生活の中で実行するか否かにかかっております。

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』1章
 この私が誰であるかは、どうでもよいことです ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 3月

大霊の強大な勢力が今ふたたび地球という物質の世界へ向けられているのです。地上のいかなる勢力をもってしても、その強大な潮流を遮ることはできません。

地上の人間は流血によって問題が解決するかに考えるようですが、かつて流血によって問題が解決された例(ためし)はありません。無益であり、何の解決にもなっていません。

人間はなぜ神から授かった理性が使えないのでしょうか。なぜ唯一の解決法が一人でも多くの敵を殺すことだと考えるのでしょうか。いちばん多くの敵を殺した者が英雄とされる――地上というところは不思議な世界です。

『シルバーバーチの霊訓―スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』
2章 神はときには荒れ狂う嵐のごとく ⇒

■ シルバーバーチの霊訓 2022年 2月

真理普及の仕事を託された者にわたしから申し上げたいのは、現在のわが身を振り返ってみて、果たして自分は当初のあの純粋無垢の輝きを失いかけてはいないか、今一度その時の真摯なビジョンにすべてを捧げる決意を新たにする必要はないか、時の流れとともに煤(すす)けてきた豊かな人生観の煤払いをする必要はないか……そう反省してみることです。
霊力の地上へのいっそうの顕現の道具として、おのれの全生活を捧げたいという熱意にもう一度燃えていただきたいのです

シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来
 8章 真理を知らないでいることは暗闇の中を歩くことです ⇒


TOP↑